【伊豆・河津七滝でキャニオニング】

キャニオニングとは、川を泳いだり岩の上から水に飛び込んだり滝を滑り落ちたりしながら渓流に沿って下っていくアクティビティのこと。近年人気が高まっているそうで、2018年8月に伊豆半島の先端にある神子元島でダイビングを行った際、時間があったので半日ツアーに参加してきました。

この体験が本当に楽しく、多くの人にキャニオニングをやってみてほしいと思えたので紹介します。

予約方法

スプラッシュ伊豆の半日ツアーをアソビューで予約しました。

  • 伊豆半日キャニオニング:9,000円(税込)

こういうアクティビティは、アソビューなどの遊び予約サイトで探すのが比較検討しやすいので便利です。

アクセス

現地集合なので、河津七滝の駐車場まで自分で移動する必要があります。自分は滞在地の伊東市からレンタカーを使いましたが、東京から日帰りもできます。

集合場所はここ。

スプラッシュ伊豆
スプラッシュ伊豆

到着したら申込書に記入し、ウェットスーツに着替えます。ライフジャケットとヘルメットを装着して出発です。

キャニオニング

出発してしばらく歩くと滝があります。ここがキャニオニングの終了地点で、ここから上流まで歩いて川の中に入り、ここまで戻ってくることになります。

キャニオニング
キャニオニング

あとはキャニオニング風景の写真を並べておきます。岩場を滑るときに角に当たって痛くないのかと思うかもしれませんが、これがなんともありません。ウェットスーツを着ているのもありますが、ちゃんと危険ではないところがコースとして設定されているようです。

キャニオニング
キャニオニング
キャニオニング
キャニオニング
キャニオニング
キャニオニング
キャニオニング

このときの動画がスプラッシュ伊豆によってアップされているので紹介します。(動画では顔がはっきり映っているのに、上の写真で顔を隠す必要があったのかという気もしなくはありませんが)

伊豆 キャニオニング Canyoning 20180814 izu 3

最後の滝を落下した後、滝つぼ周辺をしばらく泳いでから(滝の裏側に回ることもできます)、キャニオニングは終了です。

集合場所に戻ってから着替えますが、ここには温泉もあります。洞窟温泉みたいで雰囲気がいいので、ここで冷えた体を温めてください。これで半日ツアーは終了。


子供に戻ったみたいで本当に楽しかったので、伊豆方面を旅行する際には1日時間を取って参加してみてください。こんなにはしゃぎまわったのはいつ以来だろうと思えてきて、日常を忘れてリフレッシュできます。

なお、キャニオニングは伊豆だけでなく日本各地で体験できます。このアクティビティはお勧めなので、上でリンクしているアソビューのサイトで探してみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました