ベトナム旅行記(2006年5月)

旅行の動機

2006年はGWが5連休なので、数ヶ月前から東南アジア方面への旅行を考えていた。当初は「マレーシアのボルネオ島へラフレシアを見に行く」という旅行を考えていたが、2年前に買ったベトナムのガイドブック(当時は、ガイドブックの最後に少しだけ載っていたアンコールワットの記述に惹かれて旅行先をカンボジアに変更した)を読んでいるうちに行ってみたくなったので、今回改めてベトナムを訪れることにした。

旅行前の準備

福岡からベトナムのホーチミンへは、ベトナム航空の直行便がある。しかしながら、直行便はやはり値段が高いので、ここはキャセイパシフィック航空の台北・香港経由を利用することにした。

旅行期間は、当初は5月3~7日の5連休期間中を考えていたが、当然ながら多くの日本人が海外に出かける期間なので予約がパンパンに膨れ上がっている。しかも、キャセイパシフィック航空の場合は台湾や香港へ行く人とも競争しないといけないので、予約を取るのはどう見ても無理という感じだった。

そこで旅行期間を1日ずらし、5月2~8日の7日間にしたところ、今度はあっさりと押さえることができた。それにしても、5連休ならキャンセル待ちもかけられないほど膨れ上がっているというのに、1日ずらすだけで簡単に取ることができるというのも不思議なもの。値段もそれほど高くはなく、約6万8千円だった(ちなみに5連休期間だと10万円以上に跳ね上がる)。ただし、乗り継ぎの都合上、帰りに香港で1泊する必要がある。

宿泊先については、最初の日だけインターネットのホテル予約サイトで予約しておくことも考えたが、ホーチミンには安宿がたくさん存在するようなので現地に着いてから探すことにした。

旅行記

日付都市名
2006.5.2(火)福岡~台北~香港~ホーチミン
2006.5.3(水)ホーチミン (マングローブ林ツアー)
2006.5.4(木)ホーチミン (戦争証跡博物館、スイティエンパーク)
2006.5.5(金)ホーチミン (クチトンネルツアー)
2006.5.6(土)ホーチミン (フート競馬場)
2006.5.7(日)ホーチミン~香港
2006.5.8(月)香港~台北~福岡
タイトルとURLをコピーしました