マレーシア旅行記(2008年5月)

旅行の動機

2008年のGWは、最大限使えば11連休になる。当初は11日間でマダガスカルへ行きたいなどと考えていたのだが、さすがに11日間は無理そうな感じだったので6日間でもう少し近い東南アジアへ行くことにした。まだ行ったことのないインドネシアやマレーシアなどを検討した結果、旅行先としてマレーシアのボルネオ島にあるコタキナバルを選んだ。今回は「ラフレシアとウツボカズラを見る」「キャノピーウォークを歩く」が主目的になる。

旅行前の準備

コタキナバルへは関西空港から直行便がある。しかしながら、これはキャンセル待ちしても取れそうにない感じだったのでキャセイパシフィック航空の香港経由を選んだ。行き帰りとも香港で1泊する必要があるが、他に取れそうな航空券もないし仕方がない。値段はすべての諸経費を含んで107,125円。

宿泊先については、インターネットの予約サイトでコタキナバルのホテルを探してみてもわりと高いホテルしか出てこなかった。調べてみたら安宿も多いようなので、予約はせずに現地で探すことにした。

香港については、行きは午後3時に到着なので宿泊先を探す時間は十分あると思い、重慶大廈(チョンキンマンション)でゲストハウスを探すことにした。帰りは夜遅く着いて朝出発になるので、あまり入国する意味もないし、空いているゲストハウスを探すのも難しいと思われる。香港国際空港にはトランジットホテルはないが、調べてみたらシャワールームと仮眠室があることがわかり、ここを利用することにした。

というわけで今回は宿泊先を事前に決めない旅行になったが、コタキナバルについてはこれが正解で、1泊1,800円ほどでわりと快適なホテルに泊まることができた。しかしながら香港については行き帰りともまったく予定通りにはいかなかった。詳しいことは旅行記のページで。

旅行記

日付都市名
2008.5.1(木)福岡~香港
2008.5.2(金)香港~コタキナバル
2008.5.3(土)コタキナバル~ポーリン~コタキナバル
2008.5.4(日)コタキナバル~キナバル公園~コタキナバル
2008.5.5(月)コタキナバル~香港
2008.5.6(火)香港~福岡
タイトルとURLをコピーしました