カンボジア&タイ旅行記(ワットムアン – 2)

本堂を出て、周囲を歩いてみた。これでもかというくらいに大量のオブジェが乱立している。どれも呆れるほど凝っているので、じっくり見ながら歩くと本当に面白い。

こちらの神像は胸をアップで撮ってみた。Cカップくらい?

オレンジ色の袈裟を着た羅漢さんの列。

この羅漢さんたちが面白い。様々な格好をしている中から、特に面白い羅漢さんたちを下に載せておく。

そして、このエリアで一番目立っているのが巨人像。次のページで紹介するが、ここには地獄風景も作られているので、おそらく男女の亡者だと思う。

それにしても、あまりの巨大さに圧倒される。

それぞれの顔のアップ。飛び出した目と異様に長い舌が特徴的。

足元から見上げてみた。服の下も手を抜いていないところは素晴らしい。

この近くで延々と繰り広げられていた地獄風景については、次のページで紹介することにする。

タイトルとURLをコピーしました