台湾旅行記(高雄のゆるキャラ「高雄熊」の紹介)

2015年10月の台湾旅行は高雄の鳳山寺と佛光山再訪が目的だったのだが、高雄の地下鉄駅でお気に入りのキャラクターを見つけたのでおまけとして紹介しておく。

改札口の横でこれを見たときは「こんなところにくまモンが」と思って写真を撮ってみた。ところが、帰国後に周囲に見せたら「なんか違う」。調べたら「高雄熊」という別のキャラクターだった。

一応は高雄市が公募した中から選ばれたデザインということになっているようだが、いくらなんでもこれはないだろうと。

この旅行の2ヵ月後、経営大学院 の福岡校に単科生として通うことになり、クラスのメンバー間のやり取りのために Facebook を始めることになった。そこで検索したら高雄熊のアカウントがあって、見てみたらずいぶんと調子に乗ってた。

高雄熊が鳳山近郊の 鳳儀書院 という寺院へ来たときにも調子に乗ってた。しかしこの間抜けなオブジェはいつか見てみたい。

さらに調子に乗っている動画。

しかし馬に乗った高雄熊というのは面白すぎ。

捕獲された熊にしか見えない…

密かに日本の奈良公園にも来ていたらしい。(「高雄に来てヒーローと一緒に遊ぼう。歓迎します」だって)

当然、本家は非公認で勝手にやっていると思っていたところ、なんとくまモンと台湾で会っていた。もしかしたらくまモンの親戚なのかもしれない。

そういう縁もあって、2016年の震災のときは熊本を応援していた。これはちょっと嬉しい。

Youtube にも動画があったので紹介しておく。こちらは高雄の観光テーマ曲。

台湾の人もくまモンとの類似は気になっているようで、検証している番組があった。しかし、いくら細部の違いを強調しても、全体が似ているのは否定しようがないように思う。ただ、個人的には高雄熊のデザインのほうが好き。

Facebook を見ているうちに高雄熊がものすごく気に入ってきて、今では高雄熊のページを日本で一番多く見ているかもしれない。いつの間にか、日本人にはほとんどいないと思われる高雄熊フリークになってしまった。

高雄では意外と人気のキャラクターらしいし、日本でも密かに知名度が上がりつつあるようなので、今後も注視しておきたい。次回、高雄を旅行するときは高雄熊がどこかでイベントをやっていないか調べてみて、できれば直接会ってみたい。


<2015年 / 台湾旅行記のインデックスページ>


鳳山近郊の鳳儀書院については、2017年の台湾出張の際、空き時間に訪問してきた。その記録はこちら。

タイトルとURLをコピーしました