ベリーズ&メキシコ旅行記(ケイブチュービング)

ベリーズ滞在最終日。この日はベリーズシティに移動してケイブチュービングというアクティビティを体験し、それから飛行機でメキシコのカンクンへ向かうことになる。

このキーカーカーという町は本当にのどかで雰囲気がいいので、ベリーズを旅行する際はサンペドロよりはキーカーカーに滞在するほうがお勧め。自分もいつかまた来たい。


朝6時に起床。ホテルをチェックアウトし、歩いて桟橋へ。途中、こういうホットドッグ店があり激しく感動した。この名前とロゴマークを考えたセンスが見事。カンクンでのダイビングの際、他のダイバーたちにこの写真を見せたらみんな大ウケだった。

こういうローカルな店なら本家サブウェイから訴えられることもないだろうが、しかし SUB-AWAY なんてよく思いついたものだ。

7時発の Water Taxi でベリーズシティへ。きれいな海の眺めを楽しみながら、45分でベリーズシティに到着した。次回、この船に乗るのはいつになるだろう。

ここでケイブチュービングのガイドと合流し、車で現地へ向かうことになった。日本語ではなく英語のガイドだが、そんなに難しい話をするわけでもないので片言の英語でもなんとかなる。

ベリーズシティの中心部を抜けて郊外へ。ガイドが「この辺りはベリーズシティでも治安が悪い地域」と教えてくれた一帯は昼間でも人通りが少なく閑散としていた。確かにちょっと危険そう。

ベリーズシティから1時間ほどで目的地に到着した。車を下りて受付を済ませてからシューズをレンタルし(5ベリーズドル)、水着に着替えてからスタート地点へ向かう。

ケイブチュービングとは、大型のタイヤチューブに乗って洞窟内の河川を下っていくアクティビティのこと。旅行前にインターネットで写真を見て面白そうだったのでブルーホールダイビングと一緒に申し込んでみた。

スタート地点までは遊歩道を歩いていくことになるのだが、途中で腰まで水に浸かりながら川を渡ったりする。これも面白い。

川に沿ってちょっとしたトレッキング。ジャングルの中を歩いていくので景色はきれい。天気もいいし気分がいい。

途中で一度洞窟を通り抜ける。もともとケイビングにも興味があって本格的に始めたいと思っていた時期もあったので(長崎在住では北九州の平尾台まで行かないとケイビングできる場所がないのと、金のかかる趣味がこれ以上増えると困るので諦めているが)、洞窟の中を歩くのは楽しかった。

洞窟を出て、再び川沿いをトレッキング。途中、木の根元に(多分アリの)巣があった。虫嫌いの人にはたまらない写真かも。

やがてスタート地点付近に到着した。水は本当にきれいで、水浴びしていると気分がいい。

では、このあたりから出発。ガイドが持っているのがケイブチュービングで使う浮き輪で、これに乗って川を下っていくことになる。

浮き輪にすっぽりと収まり、ここから出発。すぐに洞窟に吸い込まれていく。いやあ、このアクティビティは楽しい!

洞窟内は真っ暗だが、ヘッドライトで照らすことはできる。本当に探検気分。

水音が大きくなってきたと思ったら滝があった。こういうところもスリルがあって面白い。クルーズ船でベリーズに来る外国人観光客に人気のアクティビティと言われているのも納得。

洞窟内でいったん浮き輪を下り、洞窟内を歩いて探検。探検といっても観光用の通路に沿って歩くだけだが、これも面白かった。真っ暗で写真はうまく撮れなかったので、載せられるレベルのものは下の1枚だけ。

川に戻って浮き輪に乗り、再び出発。やがて洞窟の出口が近づいてきた。

洞窟を出て、ジャングルの中をしばらく川下り。真っ暗なところから出てきたので周囲がまぶしい。

上を見上げると空がきれい。まさに癒しの時間。

ときどき流れの速い箇所もあるが、基本的にはゆったりとした流れに沿って川下り。このアクティビティは本当に楽しいので、やってみてよかった。

やがてゴール地点に到着し、ここでケイブチュービングは終了。浮き輪を下り、しばらく周囲で泳いでみた。水がきれいなので普通に泳いでいても楽しめる。観光客の中には岩から飛び込む人もいるのかもしれないが、自分はやめておいた。

あとは、名残惜しいが浮き輪を持って受付地点へ戻るだけ。なかなか楽しいアクティビティだった。探検的な要素があるアクティビティが好きな人には自信をもってお勧めできる。ベリーズへ行く機会があればぜひ参加してみてほしい。

受付地点に戻り、レンタルしていたヘルメットとヘッドライトとシューズを返却してから着替え。せっかくなので近くの露店でTシャツを買い、それに着替えた。

昼の12時に出発。ここに着いたのが9時なので、ケイブチュービングの時間は3時間ほど。このアクティビティは半日ほどで気軽に楽しめる。今回のようにベリーズ出発の日などにもお勧め。

空港へ移動する途中、この店に立ち寄って昼食。

昼食代は今回のケイブチュービングツアーに含まれているが、飲み物は別ということなのでグレープフルーツジュースだけ別に支払った。ガイドと一緒に昼食を取り、これでベリーズでの予定はすべて終了。

昼食後、次の目的地のカンクンへ移動するためベリーズシティの空港へ。

タイトルとURLをコピーしました