遠洋航海(1991年12月~1992年9月)

私の出身校の東京商船大学(現・東京海洋大学海洋工学部)には練習船に乗って実習を行う乗船実習という制度があり、その中で遠洋航海を行う。私にとっては、この航海で訪れたヌーメアが初めての外国だった。

もう数十年前のことなので、このページは写真が中心。

青雲丸(1991年12月16日乗船~1992年3月11日下船)

1968年建造、総トン数4990トン、全長115mのディーゼル船。

1997年、2代目の青雲丸が進水したため、旧青雲丸は中南米の方に売船になった。いまはどこにいることやら。

横浜出港1月24日
ヌーメア(ニューカレドニア)入港2月7日
ヌーメア(ニューカレドニア)出港2月11日
オークランド(ニュージーランド)入港2月15日
オークランド(ニュージーランド)出港2月20日
(沖ノ鳥島)3月4日
東京入港3月9日
ヌーメア港に停泊中の青雲丸
オークランド駅
オークランド郊外(PAPAKURA駅)
バンジージャンプを体験
沖ノ鳥島
沖ノ鳥島

海王丸(1992年3月16日乗船~1992年9月2日下船)

1989年建造、総トン数2556トン、全長110mの帆船。

日本の帆船が大西洋へ行くことは滅多にない。このときは、1992年がコロンブスのアメリカ発見500年にあたり、ニューヨークとボストンで帆船パレードがあったため、それに参加するための航海であった。世界中から集まった帆船によるパレードの他、実習生のパレードがあり、メインストリートを行進することができた。

なかなか面白い経験だったが、あれからもう数十年経つんですね。

東京出港5月8日
ロングビーチ入港6月4日
ロングビーチ出港6月9日
パナマ運河通航6月23日
ニューヨーク入港7月4日
ニューヨーク出港7月8日
ボストン入港7月11日
ボストン出港7月16日
パナマ運河通航7月24日
ホノルル入港8月12日
ホノルル出港8月17日
東京入港9月1日
船首付近を泳ぐイルカ
マストにて
パナマ運河通航中
パナマ運河通航中
帆船パレード(ニューヨーク)
ニューヨーク港に停泊中の海王丸
帆船パレード(ボストン)
実習生のパレード(ボストン)
ハワイへの帆走
ダイアモンドヘッドからの眺め

近況(2021年)

卒業後は紆余曲折あって今は長崎県佐世保市に住んでいる。2021年4月、佐世保市内を車で走っていると見覚えのあるデザインのファンネル(船の煙突)が見えた。近くに寄ってみると、2代目の青雲丸が入港していた。

2代目なので自分が乗った船とは違うものの、それでも青雲丸という名前を見ると懐かしい。自分にとって初めての外国は、青雲丸で寄港したヌーメアだった。南十字星やマゼラン星雲を見つけて喜んだり、南太平洋でそれはそれは見事なグリーンフラッシュを見たのを憶えている。

佐世保に住んでいると、いろんな船との出会いがあるから楽しい。

(2021.4.30)


青雲丸を見た翌々月、今度は海王丸が佐世保港に入港していた。自分が乗ったことのある練習船に立て続けに遭遇するとは、かなりの幸運だと思う。

もっとも、かつてこの船に乗っていた実習生だからといって乗せてくれるわけではない。舷梯から先を眺めるだけ。

かつて、あのマストに登っていたんですねえ。普通はできない経験だし、やっぱり帆船は格好いい。

ロープを引きながら甲板を走り回ったこと、マストの頂上から見渡した水平線、マストに登っていたときに一瞬だけ両手が離れて落ちそうになったこと、夜中に甲板に寝て降ってきそうなほどの満天の星空を眺めたこと、見張りを担当していたときにボーっと前を見ていたら士官が仁王立ちでこっちを見ていることに気付いて一気に眠気が覚めたことなど、なんだか懐かしい。

以下、遠洋航海のときの写真を追加で載せておく。ニューヨークのブルックリンに停泊中の写真には、背景に今はなくなった世界貿易センタービルのツインタワーが写っている。

下の写真はボストン出港時の登檣礼。赤い丸印が私。

一番上のヤードから下を見下ろした風景。高さが実感できるだろうか。

今後も、青雲丸と海王丸に遭遇する機会はあると思う。楽しみにしておきたい。

(2021.6.10)

タイトルとURLをコピーしました