グアム旅行記(グアム到着)

昼12時前に福岡空港を出発。グアムへ行くのは今回が3回目だが、今までは関西空港からの出発だったので、福岡空港からの直行便に乗るのは今回が初めてになる。さらにユナイテッド航空に乗るのも今回が初めて。

いったん関西空港へ行くよりも、やはり直行便は快適。機内では入国の際に必要な書類が配られるが、見ると「本当に持ち込もうとしている人間が正直に申告するわけないだろ」という項目もある。ここにチェックするような旅行者を見てみたい。

やがて飛行機からグアムが見えてきた。2007年の旅行以来、6年ぶりに見るグアムの風景。

午後4時、グアムに到着した。飛行機を降りて入国審査に並ぶが、かつての旅行のとき以上に日本人の長蛇の列ができている。最近はアメリカ本土の空港では入国に時間がかかるようになっているが、グアムも例外ではないらしい。

結局、入国審査を通過するまでに1時間半かかり、ようやくグアムに入国した。今回滞在するグアムリーフホテルは空港への無料送迎を行っていないので(有料では手配可能だが、意外と高かったので頼まなかった)、タクシーでホテルへ向かう。

ターミナルを出てすぐのところにあるタクシー乗り場からタクシーに乗り、グアムリーフホテルへ。最初は久しぶりのグアムの風景を楽しんでいたが、途中で「メーターの上がりが少し早くないか?」ということが気になってきた。事前に調べていた情報では空港からグアムリーフホテル付近までは20ドル程度のはずだが、どう考えてもそれを大きく超えそうになっている。

結局、到着時には28ドルになっていて、釈然としなかったが料金を払ってタクシーを下りた。このとき運転手に何も言わなかったのは、不正メーターかどうかこの時点でははっきりしなかったのと、普通のタクシーより少し大きな車だったことからもしかしたら料金が高くなるのかもしれないと思ったため。しかしながら、帰りにホテルから空港までタクシーに乗ったときは同様の車で21ドルほどだったので、はやりこれは不正メーターの可能性が高いと思う。メーターの上がりが早いタクシーにはかつてベトナムで乗ったことがあるが、グアムでも遭遇するとは思わなかった。これからグアムへ行く人は気をつけてほしい。

気を取り直してホテルに入り、チェックインすると楽天トラベルからの情報誌やパンフレットの束を渡された。楽天トラベルを通して予約すると、こういうものが用意してあるらしい。なかなか気が利いている。

下の写真が今回泊まった14階の部屋。5ツ星だけあって設備は申し分ない。

ちなみにこのホテルだが、13階がない。日本では4号室がないアパートはときどき見るが、13階がない建物を見るのは初めてという気がする。

すでに薄暗くなっているが、外出することにした。ホテルの外観もきれい。

夕食はマイクロネシアモールのフードコートを利用することにしているが、そこへいく前に周囲を歩いてみたところ、こういう公園があった。

クリスマス前なので電飾のオブジェが並んでいる。どれも凝っていてきれい。

ここでこういう写真を撮ってみた。当サイトではお約束の写真。

ここで気に入ったのがエルモを鎌で狙っているように見えるトナカイのキャラクター(名前は知らない)。

では、公園を出てショッピングバスでマイクロネシアモールへ。ここのフードコートは種類も多いし値段も高くないので気に入っている。各国の料理が並んでいる中、今回はハワイ系を選んだ(料金は9.5ドル)。グアムでの食事はここで十分だと思う。

モール内を少し歩いた後、ショッピングバスでホテルへ戻る。

ホテルに入ると、まだプールで泳いでいる人がいた。このホテルは向こうの海と一体化したように見えるインフィニティプールが売りになっているが、この時間は向こうは真っ暗で海は見えなかった。しかしこれはこれでいい雰囲気。

この日は深夜1時に就寝。翌日はいよいよ初めてのスカイダイビングを体験することになる。

タイトルとURLをコピーしました