メキシコ旅行記(2018年12月~2019年1月)

旅行の動機

前年の年末年始(2017~2018年)はモルディブのダイブサファリに参加し、非常に楽しかったので翌年もモルディブに行こうと考えていた。ところが、7月に申し込んだらすでにクルーズ船が満員だそうで、キャンセル待ちになるという。前年に利用した旅行会社から DM が送られてきたのが6月ごろだったので、そのときに申し込んでおけばよかった。行動が遅れたことを後悔。

キャンセル待ちしてもいいが、そうすると必ず参加できるという保証はない。結局行けないということになったら困るので、今回は行き先を変えることにした。モルディブのダイブサファリは、また翌年以降に参加することにしたい。

行き先としては東南アジアや南太平洋も考えたが、結局はカリブ海のリゾート地カンクンに落ち着いた。カンクンに滞在するのは2013年と2016年に続いて3回目になる。2016年はセノーテダイビングは行ったもののコスメル島とカンクン沖では潜っていないので、何度体験しても激しく感動するセノーテダイビングの他、今回は海でもダイビングを行うことにした。

旅行前の準備

航空券は、値段とスケジュールを検討した結果ユナイテッド航空のヒューストン経由を選んだ。価格はすべての諸経費を含んで191,320円。年末年始の時期に20万円を切るのは安い方だと思う。

今までカンクンに滞在するときはホテルゾーンにある海が見えるホテルを選んでいたのだが、さすがにこの時期は値段が高騰していて、6泊したら大変なことになる。そこで、今回はホテルゾーンではなくダウンタウンにあるホテルを検討してみた。最近よく利用している agoda で検索し、バスターミナル近くにある Ramada Cancun City というホテルを選んだ。宿泊料金は6泊で629.75ドル(宿泊料自体は529.20ドルだが、他に税金が加算される)。

ダイビングショップは、前回に続き以下のところを利用した。

ただし、申し込んだところコスメル島とセノーテは一人参加できるそうだが、カンクン沖のダイビングは催行されないという。検索したところ他にも日本人がやっているダイビングショップがあったので、カンクンでのダイビングだけは以下のショップを利用することにした。

ダイビング器材はすべて自分のものを持ち込む予定で、クイーンエンジェルはホテルまで迎えに来てくれるので問題ない。しかしながらアクアアプリはショップまで出向く必要があり、さすがに器材を持ってバスで移動するのは大変。なのでカンクンでのダイビングだけはレンタル器材を使用することにした。

ダイビング以外の予定としては、元日はさすがにどのショップも休みなのでイスラ・ムヘーレスのビーチでのんびりと過ごし、最終日はコバ遺跡へ行ってみることにした。

今回はリゾート滞在型の旅行なので気楽なもの。金はかかるが、思い切り楽しむことにした。

旅行記

日付都市名
2018.12.29(土)長崎~羽田~成田~ヒューストン~カンクン
2018.12.30(日)カンクン~コスメル~カンクン
2018.12.31(月)カンクン
2019.1.1(火)カンクン
2019.1.2(水)カンクン
2019.1.3(木)カンクン~コバ~カンクン
2019.1.4(金)カンクン~ヒューストン~
2019.1.5(土)~成田~羽田~長崎
タイトルとURLをコピーしました