ポケット WiFi レンタルの勧め

日本人にとってちょっとマイナーな国を旅行する際、出発前にポケット WiFi をレンタルしておくと便利です。個人的に WiFi をレンタルしておいてよかったと思えた事例を紹介します。

モルドバ~ルーマニアの移動

2018年のモルドバ&ルーマニア旅行の際に国境を鉄道で越えることを考えていて、この区間に国際夜行列車が通っていることまでは調べられたものの、この列車が毎日運行なのか、または特定の曜日だけなのか、ネット上の情報が錯綜していてどうしてもわかりませんでした。

そこで、直接キシナウ駅へ行って手配してみました。これがキシナウ駅。

キシナウ駅

駅構内の時刻表にブカレスト行きが記載されていて、そこに「ZILNIK」と書かれていました。

キシナウ駅

ここで WiFi が役に立ち「ルーマニア語、ZILNIK」で検索するとすぐに「DAILY」と表示され、毎日の運行ということがわかりました。あとはスマートフォンの画面を見せながらスムーズにチケットが購入できました。

自分にとって最初に「ポケット WiFi って便利だなあ」と思った場面です。

沿ドニエストル共和国にて

沿ドニエストル共和国の首都ティラスポリを散策しているときも、Google Map が表示できるので効率よく回ることができました。

ティラスポリ駅から市街中心部へも、Google Map を見ながら歩いています。

マレーシアのキナバル山にて

東南アジアの最高峰キナバル山(標高4,095m)に登頂したときも、登山中や山小屋でインターネットにつなぐことができ、SNS で状況報告ができました。

キナバル山

山小屋エリアには WiFi がないので(2019年8月時点)、日本からもっとも短時間で登れる 4,000m 峰にアタックする場合はレンタルしておくと便利です。

ロウズピークへの頂上アタックの際は、荷物を少しでも減らすためにスマートフォンは山小屋に置いていったので電波が通じるかどうかはわかりません。もし持参すれば山頂から成功報告ができたかも。

ポケット WiFi は登山にも便利です。


個人的にお勧めなのはこちら。旅行のたびに利用しています。

以前は「情報は現地で調べるものだ」という考えでしたが、モルドバ&ルーマニア旅行の際に初めて使用してみたら便利極まりなく、すっかり考えが変わりました。バックパッカーの人もぜひ。

タイトルとURLをコピーしました