ポルトガル旅行記(2012年4~5月)

旅行の動機

恒例となったGWの海外旅行で、この年(2012年)は休日に3日間の休暇を足して10日間で出かけることにした。行き先は、ここ数年ほど毎年候補になりながら行く機会のなかったポルトガルを選んだ。おそらく海外旅行好きなら知らない人はいないと思われる、沢木耕太郎の「深夜特急」を読んで以来いつかポルトガルのサグレスへ行ってみたいと考えていて、ようやくそれが実現することになった。

海外一人旅にはまってしまうきっかけになったのが1998年のアイルランド旅行なので、私の旅の原点はヨーロッパなのだが、このところどういうわけかヨーロッパへ行く機会がなかった。2004年のスロベニア以来、約8年ぶりのヨーロッパ旅行になった。

旅行前の準備

航空券については、やはりGW期間のヨーロッパ行きは値段が高く、旅行店にリスボン往復で調べてもらったところ軒並み25万円以上となっていた。リスボンまでLCCを使うことにして、安そうなイメージのあるロンドン往復で調べても、やはり20万円以上になる。高いのは仕方ないかと思い始めていた頃、大韓航空の長崎~ロンドン往復で145,750円(すべての諸経費を含む)という航空券が見つかったという連絡が来た。この時期としては破格といえるので、今回は迷わずこれを選んだ。

ロンドンからポルトガルへは、LCCのイージージェットとライアンエアーでルートと値段を調べ、スケジュールを検討してみた。その結果、行きはイージージェットでロンドンからリスボンへ移動し、帰りはライアンエアーでファロからロンドンへ戻ることにした。旅行後半にポルトガル南部のサグレスへ行く予定にしていたので、南部のファロから出国できるのは助かる。

LCCは英語サイト上で自分で予約と決済をしないといけないが、別に文章は難しくはないので、それほど面倒というわけでない。最終的な値段は、イージージェットが70.94ポンド(約9,200円)でライアンエアーが69.99ユーロ(約7,500円)になった。基本料金はそれぞれ41.99ポンドと40.74ユーロだが、手荷物料金(ぎりぎり機内に持ち込める大きさかもしれないが、安全のため預けることにした)やカード決済の料金(デビットカードなら無料だが、クレジットカードは手数料がかかる)等、いろいろと料金が加算されていく。何だか「たけのこ剥ぎ」のようだが(例えが悪くてすみません)、まあそれでも他の航空会社よりは安い。なお、LCCでは出発前にサイト上でチェックインを行い、搭乗券を印刷して持っていく必要がある。

出発時刻は、さすがLCCというか、どちらも早朝。また、イージージェットがルートン空港、ライアンエアーがスタンステッド空港になる。行きはロンドンで1泊になるので、ルートン空港近くのホテルをインターネットで予約しておくことにした。利用したのは以下のサイトで、easyHotel Luton という空港から3キロほどのところにあるホテルを選んだ。値段は4,722円。

旅行前半はリスボンを拠点に各地を回る予定なので、ついでにリスボンのホテルを見てみたところ、経済的なホテルも並んでいる。あまり安いところはドミトリータイプのホステルになるので、そこそこのところを一緒に予約しておくことにした。市街にある Estrela dos Santos というホテルを選び、宿泊料金は5泊で188ユーロ。サグレスとファロについては、現地で宿泊先を探すことにした。

後は、ロンドンの各空港への交通手段を調べておいた。スタンステッド空港はスロベニア旅行の際に利用したことがあるので、スタンステッドエクスプレスという急行列車があるのはわかっている。ルートン空港は今回初めて利用するが、調べたところ easyBus というバスが一番安いことがわかり、事前にインターネットでチケットを購入しておいた。値段は8.49ポンド。今回は easyJet, easyBus, easyHotel と、イージーグループを3回利用することになる。以上で準備は終わり。

旅行記

日付都市名
2012.4.28(土)長崎~ソウル~ロンドン
2012.4.29(日)ロンドン~リスボン
2012.4.30(月)リスボン~シントラ~リスボン
2012.5.1(火)リスボン~カスカイス~ロカ岬~シントラ~リスボン
2012.5.2(水)リスボン~エヴォラ~リスボン
2012.5.3(木)リスボン~ファティマ~リスボン
2012.5.4(金)リスボン~ラゴス~サグレス
2012.5.5(土)サグレス~ラゴス~ファロ
2012.5.6(日)ファロ~ロンドン~
2012.5.7(月)~ソウル~長崎
タイトルとURLをコピーしました