【完全無裁量FX手法の運用結果(2022年後半)】

当サイトで紹介している「完全無裁量FX手法で旅行費用を稼ぐ方法」について、2022年の運用が終了したので年間の結果を報告しておきます。以前紹介した2022前半(7月1日まで)の結果の続きになります。

なお、最終金曜日になる12月30日まで運用を続けていますが、年末は流動性が低くなるので本来であれば年末年始のトレードはおすすめしません。

仲値手法の運用結果

まずはメインで運用している金曜日の仲値手法です。「米ドル円」「ユーロ円」「ポンド円」の3通貨ペアで運用しているので、それぞれの結果を紹介します。詳しい運用方法については、このページの下の方でリンクしている記事を参照して下さい。

年初の証拠金は約500万円、3通貨とも7万通貨単位(7万ドル、7万ユーロ、7万ポンド)で運用しています。以下の結果は、そのロットでの収支になります。

USD/JPY

最初に米ドル円の運用結果。9~10月に低迷しましたが、その後は急速な右上がりとなっています。利益は約54万円。

詳しい結果は以下の通りです。運用を行うのが金曜日だけなので、総トレード回数は52回になります。

勝ち日数30
負け日数22
勝率57.69%
利益合計1,063,650
損失合計-542,430
PF1.961
取引損益521,220
スワップ19,719
合計540,939
最大利益132,650
最大損失-98,070

今年前半が終了した時点では「3月ごろからの急速な円安トレンドにうまく乗っかっただけでは?」という気もしましたが、円安が一服した後も利益が出ているので、必ずしも円安トレンドのメリットを享受しただけというわけではないと言えます。

EUR/JPY

続いてユーロ円の運用結果。米ドル円で見られた9~10月の低迷もなく、ほぼ右上がりでした。利益は約89万円。

詳しい結果は以下の通り。

勝ち日数33
負け日数19
勝率63.46%
利益合計1,467,935
損失合計-578,725
PF2.536
取引損益889,210
スワップ6,510
合計895,720
最大利益162,750
最大損失-77,000

なお、今年前半の運用結果のページに記載した通り、この結果は「21時1分に半分を決済、日付が変わって1時5分に残りを決済」で運用したものです。この変更はあくまで「利益と損失の変動を平滑化する」のが目的で、当サイトの記事通り「1時5分に全額決済」でも最終的な収益はほとんど変わりません。

GBP/JPY

最後にポンド円の運用結果。利益は約150万円で、さすがボラティリティの大きな通貨ペア。

詳しい結果は以下の通り。

勝ち日数34
負け日数18
勝率65.38%
利益合計2,110,955
損失合計-572,915
PF3.685
取引損益1,538,040
スワップ21,980
合計1,560,020
最大利益213,395
最大損失-105,245

ポンド円の手法は「21時1分に半分を決済、残り半分は日付が変わって0時35分(夏時間)または1時12分(冬時間)に決済」で運用したものです。理由はユーロ円と同じく利益と損失の変動を平滑化することなので、当サイトの記事通り「21時1分に全額決済」でも収益はほとんど変わりません。

3通貨ペアでの運用結果

3通貨ペアでの運用結果を合計すると、以下の通りとなります。収益はぎりぎりで300万円に届きませんでした。年初の証拠金に対する利率は約60%です。

詳しい結果は以下の通り。こうしてみると、スワップも意外と見逃せない利益になっています。

勝ち日数35
負け日数17
勝率67.31%
利益合計4,300,485
損失合計-1,352,015
PF3.181
取引損益2,948,470
スワップ48,209
合計2,996,679
最大利益394,030
最大損失-209,545

この手法はチャートをまったく見る必要がなく、完全に機械的に運用を行うので、収益はほぼ不労所得化します。それで年利60%、プロフィットファクターが3.18であれば十分ではないでしょうか。

ただし、過去の運用結果と比較しても、2022年は最高に近い結果が出た年でした。毎年、これだけ右上がりの結果が出るとは限らないので、2023年は反動が現れるかもしれません。たとえ損失が続いたとしても、1日の結果に一喜一憂せず、淡々と運用する必要があります。

あくまで副収入や小遣い稼ぎ目的で運用する手法なので、実践してみたい方はくれぐれもレバレッジを高めないようにして下さい。ロスカットになっても当サイトは責任を負いません。

小ネタの運用結果

仲値手法に続いて、小ネタとして紹介している「火曜日のポンド円手法」「火曜日のユーロポンド手法」の運用結果は以下の通りでした。どちらも10万通貨単位で運用し、ユーロポンドに関しては年初からではなく2月からの運用になっています。

いやー、こちらは駄目ですねえ。ポンド円手法は7月以降に伸びず、ユーロポンド手法にいたってはマイナスが膨らんでいく有様。約30万円の利益と約30万円の損失なので、差し引きでは年間収支に大きな影響を与えなかったのはまだ幸いでした。

この結果から、2つの小ネタ手法については運用をいったん停止することにします。来年も定期的にシミュレーション計算は行いますが、明確に傾向が変わらない限り再開することはないでしょう。


ここで紹介した各手法は以下のページで詳しく解説しています。運用してみたい方は、こちらを参照してください。完全無料の記事ですが、自分では有料級の内容と自負しています。

一緒に稼いでいきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました